カルバトール服用やてんかんによる悩みを名医に相談

てんかんなど普段は健康な人と変わらず過ごすことができる病気は、周りに理解されずに配慮がされなかったり、逆に変な差別を受けてしまうこともあります。カルバトールなどの薬を服用していれば発作は極力抑えることができるのに、仕事場などでは必要以上に偏った業務だけを任されてしまう場合があります。

名医と呼ばれる人は、体に起きている症状を診たり話を聞いたりしてある程度病気を推測し、それに合った検査などを進めていくことができますが、生活の中で進学や就職など環境が変化する際のアドバイスも的確に行ってくれます。てんかんの患者でも活躍できる職業なども十分に把握しており、就職先などに悩んでいるときには名医に相談するのも良い方法です。

てんかんに関する知識が無い職場では、名医にお願いしてカルバトールなど薬に関することや、てんかんでも職業によっては能力の高い仕事ができること等を説明する文章を作成してもらい職場に提出すれば、周りの人も正しい知識が得られ、偏見を持たれなくて済みます。万が一発作が起きたときの対応を知ってもらっていれば、より安心して働くことができます。職業に関することだけでなく学校でも同様で、カルバトールなどの薬を服用していると副作用で眠気が出たり、めまいや脱力感、頭痛などが出ることがあり、体調が悪くなったときのことを知っておいてもらえれば心強くなります。

名医に診察を依頼するときには、患者の数が多くすぐに診察を受けることができない場合もあるため、必ず病院に問い合わせを行い予約を入れることが大切です。紹介状があったほうが早めに診てもらえる可能性があるので、初めはかかりつけ医に相談を行って紹介状を書いてもらうと良いです。

トップページへ