てんかんの痙攣発作治療に用いられるカルバトール 

てんかんには、痙攣発作治療が必要です。てんかんの治療は、誘因の除去、薬物治療、外科的治療、食事療法などがあげられますが、その中でも薬物治療に用いられる、カルバトールという薬をご存知でしょうか。
カルバトールは、てんかんに伴った精神症状の治療薬として使われています。この薬はてんかんだけではなく、そううつ病や三叉神経痛などの治療としても用いられています。
市販では購入できず、医師の診察をうけ処方をうけてもらう薬です。
てんかんの痙攣発作治療として有効なカルバトールは、カルバマゼピンが主成分です。カルバトールの作用は、脳神経の末梢神経細胞のNaチャンネルを遮断することで、脳内の過剰な興奮をおさえることができるというものです。
カルバマゼピンには、即効性はなく、効果がでるまでに1週間~数週間かかります。成人の場合は通常1日200mg~400mgを1~2回に分けて服用しますが、服用する量も人によって異なるため、必ず医師に指示された量を守り内服していきます。
症状の程度や血液検査などの結果をみて、医師が服用量を判断し、調整していきます。
万が一自己中断をしてしまったり、投与量を守らないと、症状を悪化させてしまう危険性があるだけではなく、重篤な副作用が出現してしまう可能性もありえます。
カルバトールの主な副作用としては、眠気や倦怠感、脱力感、頭痛、めまい、肝機能障害、白血球の減少などがあげられます。
また、服用中に発疹や日光過敏症など皮膚に症状がでることもあります。その際には、一度服用を中止し、ただちに医師に相談する必要があります。
痙攣発作治療は、必ず定期的な血液検査や脳波検査、医師の診察をうけるとともに、服用量をまもり、根気強く治療をうけていくことが大切です。

トップページへ